VPKで撮ってみた

     

 

さあ実写です

それではVPKで実写してみましょう。フィルムは今となっては入手困難なカラーネガ・MACOCOLOR UNC200(ISO200)を使いました。127フィルムとしては最も高感度な部類のフィルムです。

絞りを1(F11相当)にセットしたら、あとは明るい屋外でシャッターを切るのみです。

 

         
     
     

 

 
     
   

VPK 1/50秒 F11相当 MACOCOLOR UNC200

 
       

 

         
     
     

 

 
     
   

VPK 1/50秒 F11相当 MACOCOLOR UNC200

 
       

 

         
     
     

 

 
     
   

VPK 1/50秒 F11相当 MACOCOLOR UNC200

 
       

 

結論:意外によく写ります

「100年前のカメラなんか、どうせまともに撮れないだろう」と思っていませんでしたか?意外によく写ります。現代の高性能なフィルムを使えばVPKでこの程度の画像が得られるのです。

127フィルム、ましてカラーネガが入手困難な今、とても贅沢なフィルムカメラ遊びとなりました。なお、このページの作例はすべてモデルのLuchinoさん本人が撮ったものです。

 

     
   
 
VPK 1/50秒 F11相当 MACOCOLOR UNC200
 
     

 

     

 

MOMOのページへ戻る