ベス単・・・MOMOの原点

     

ベス単とは

今から100年以上前の1912年、あるカメラの誕生が写真界に革命をもたらしました。VEST POCKET KODAK(VPK)、日本ではコダックベストと呼ばれています。1912年はちょうど大正元年にあたります。

VPKは一言で言えば近代カメラの嚆矢です。写真が発明されたのは江戸時代の末期ですが、当初は写真を撮るには特別な技術が必要で、カメラは大きくて気軽に持ち運べるようなものではありませんでした。人々はポケットに入るほど小型のカメラを持ち歩いて好きな場所で好きなものを撮ることを夢見るようになります。それを実現したのがVPKでした。ちなみに「ベスト」は「VEST」であることに注意して下さい。「ベスト(BEST)なカメラ」という意味ではなく、「ベスト(服)のポケットに入るほど小さいカメラ」という意味です。

 

       
     
  VEST POCKET KODAK(最初期型)  
       

 

さて、VPKが単に古いカメラならばそれだけのことです。問題はその一部に付けられている「ベス単」と呼ばれるレンズにあります。実際日本ではVPK(コダックベスト)よりベス単という名前の方が有名です。日本人はこのレンズを愛しました。それも通常の使い方から外れた特殊な使い方をして楽しんだのです。

 

ベス単で撮ってみる

ベス単という名を知っている人は皆「有名なソフトフォーカスレンズだね」とか「実に味のある写りをするんだよ」とか言います。しかし、どうしてそう思うのかと聞き返せば多くの人は返答に困るのではないでしょうか。「そういう話をどこかで聞いた」というのが実際のところでしょう。伝説と化したものの評価は往々にして実際とかけ離れたものになるものです。

VPKが実用機として使われていた時代に撮られた写真は残っていますが、それからベス単の実力を論じることはできません。当時はフィルム・現像・プリントに関する技術が今とは比べものにならないほど粗末でしたし、そもそもVPKはピント調節機構すら無いカメラで、作りも極めて大ざっぱです。撮った写真が味のあるものであったとしても、それがベス単というレンズのせいなのか他の原因なのかは全くわからないのです。

ベス単は有名レンズなので今でもそれを使って写真を撮ろうとする人はいます。VPKを使って写真を撮るのは困難なので他の近代的なカメラに付けて撮影するというのがよく行われる手法です。1960年代以降はベス単を35mm一眼レフに付けて撮ることが行われました。手軽で良い方法ですが問題はその画面サイズです。VPKの画面サイズは約64mmx41mmと広大です。35mmフィルムの画面サイズは約36mmx24mmしかないので、これで撮ると本来の画面の中央部、面積にして1/3程度の部分しか得られないことになります。これではベス単の本当の実力を知ることはできないのです。

 

 

64mmx41mmは645判(120フィルムを使用)とほぼ同じです。ベス単を645判一眼レフに付ければ本来の画像を得ることができその実力がつまびらかになるはずです。我々はMOMOの開発するにあたりまずベス単の正体を知ることから始めました。昔のものは曖昧なままにしておくほうが幸せということもあります。大昔に引退した幻の美人女優がどこかで暮らしていると知っても訪ねて行くのは野暮というもの。しかし私は野暮な技術者なので、100年前のレンズを目の前に引きずり出したのです。

 

ベス単実写試験に使用した機材

 

これがベス単を PENTAX 645 に取り付けた状態です。VPKはシャッタースピードも1/50秒程度でほぼ一定、ピント調節もできません。PENTAX 645 にヘリコイドを介して取り付けることによりAE撮影(カメラ側のシャッター機構を使用)とピント調節が可能になるのです。

ベス単側のレンズシャッターは開けっ放し(T:タイム設定)にする必要がありますが、何分古いメカですのでまともに動くとは限りません。上の例では内部のシャッター機構を取り去ってあります。このあたりはカメラ会社の技術です。

 

     

 

 

MOMOのページへ戻る