ANTHYのコンセプト

※ 各ANTHYシリーズの詳細は、バナーをクリックしてください。

             
       
 
広角系標準レンズ
 
※ 開発中
 
※ 開発中
 

 

 
20年経って原点回帰したカメラとレンズ
 

20世紀(前世紀)はフィルムカメラの時代でした。主に使われるフィルムは135フィルム(いわゆる35mmフィルム)で、撮影画像サイズは24mm x 36mmと決まっていました(それ以外は例外です)。この24mm x 36mmを「フルサイズ」と呼びます。

21世紀になりデジタルカメラが主流になり、フィルムカメラは消えてゆきました。デジカメ(特にレンズ交換式カメラ)の撮影画像サイズがフルサイズのままであったなら物事はスムーズにはこんだのですが、当初はそのように大きなセンサーを安価に作ることができなかったため一回り小さなセンサー(APS-Cやフォーサーズ等)が用いられました。やがてミラーレスカメラが登場しましたが、センサーのサイズは小さいままでした。

 

フィルムの時代が終わってから20年が経った今、各社からフルサイズのセンサーを持つレンズ交換式カメラが発売されるようになりました。撮影画像サイズが原点回帰したわけです。同時にミラーレスカメラの技術的進歩が進み、徐々に一眼レフカメラを駆逐しようとしています。弊社は今まで小さなセンサーサイズのミラーレスカメラ向けにレンズを開発してきましたが、現状に鑑み、フルサイズのミラーレスカメラ向けに新たな製品ラインアップを構築することにしました。そのシリーズ名がAnthyです。

AnthyはYASUHARAのアナグラムです。

 

 
ANTHYが目指すもの
 

現代はレンズの設計・製造技術が進んだため、ミラーレスカメラ本体と一緒に売られているいわゆる「キットレンズ」でも十分な性能が得られます。キットレンズの多くは広角系のショートズームで、ある程度のマクロ撮影もでき、オートフォーカスや絞り駆動の機構が組み込まれ、光学式手ぶれ補正機構を備えているものも多いです。要するに普段使いするには申し分のない万能レンズなのです。レンズ交換式のカメラを買ってもキットレンズだけで撮影している人も多いと思います。

しかしせっかくレンズ交換式なのですから、特別なレンズで本格的な撮影をしてみたいものです。その場合、「何でもできる便利な機能」が邪魔になることもあります。ANTHYは

 

マニュアルフォーカスで、絞り優先(実絞り)AE撮影することに

特化したレンズです。

 

オートフォーカス用レンズのフォーカスリングはいわゆる「エンコーダ」と呼ばれるもので、回転させるとその信号がモーターに送られ、モーターがレンズを動かします。リングの幅も狭く、操作が快適とは言えません。昔のレンズは幅広で適度な回転抵抗を持つピントリングがレンズを直接駆動させていました。この方がマニュアルフォーカス撮影にははるかに快適なのです。

絞りも昔は絞りリングがレンズ側に設置されており、直感的に操作できました。オートフォーカス一眼レフが主流になって絞りリング(絞り調整機構)はカメラのボディー側に移動してしまいました。それが昔ながらの(本来の?)撮影スタイルを壊してしまったのです。

Anthyで目指すのは、撮影スタイルの原点回帰です。 左手でフォーカスと絞りをコントロールする、フィルムカメラの時代には当たり前だったエレガントな所作の復興です。

 

ANTHYはオートフォーカス撮影はできません。

ANTHYはプログラムAE撮影はできません。

 

動き回るものを高速で追いかけたり、楽々自撮り撮影をするには向きません。しかし、自分で絞りとフォーカスをコントロールして撮影したい人には、最上の快適さを提供します。

 

万能さの対局にある一点豪華主義です。

 

ANTHY35 +Canon EOS R (1/125s F1.8 ISO800) (クリックで元画像が開きます。)

 

 
撮影スタイルは原点回帰、そして現代のカメラに対応する十分な性能
 

「フルサイズセンサーを備えたミラーレスカメラがあれば、過去の(フルサイズ)フィルムカメラ用交換レンスはすべて使える」というのが多くの写真ファンの描いた夢でした。事実ミラーレスカメラはアダプターを介して多くの古い交換レンズを取り付けることができます。しかしデジカメ時代になってから既に20年の月日が経ってしまいました。古いレンズは経年劣化もあり、設計技術や製造技術も古いので、わざわざ使う意味は薄れてきました。今ではやはり現在のデジカメに最適化し新規に作られたレンズを使うべきです。

ANTHYで昔ながらの快適なマニュアル撮影スタイルが得られても、肝心の画質が良くなければ意味はありません。ANTHYは現代のレンズ設計・製造技術を用いてフルサイズミラーレスカメラに最適化した設計をしています。高価なカメラメーカー純正の単焦点レンズと十分渡り合える性能です。いろいろな機能が付いていない分カメラメーカー純正レンズに比べて安価です。極めてコストパフォーマンスが高いと言えます。

 

ANTHY35 +Canon EOS R (30s F1.8 ISO100) (クリックで元画像が開きます。)

 

このページに掲載したサンプル写真はANTHY35で撮られたものですが、十分な性能を持っていることがおわかり頂けると思います。特に単焦点レンズならではの素直なボケ味を御覧ください。ズームレンズでは得難い美しさです。

 

 
素直に作れば、素直な良い画
 

 

ANTHY35 +Canon EOS R (1/2500s F1.8 ISO100) (クリックで元画像が開きます。)

 

ANTHYはマニュアルレンズなので、モーター駆動のための極端な小型化や軽量化が必要ありません。「良いレンズは、多くのエレメントを使って光を少しずつ曲げるように作る」という基本に忠実な設計をしています。もちろんミラーレスカメラの短いフランジバックを利用し、一眼レフ用レンズではできない専用設計をしています。

 

 
無意味なスペックは追わない
 

ANTHYは実用的に良い写真を撮ることを目指しています。無意味なスペックは追いません。例えばレンズの明るさですが、ANTHY35の開放F値はF1.8です。フルサイズセンサーで焦点距離35mmだと被写界深度は十分に浅く、ボケを生かした作品を作ることができます。それ以上明るいレンズを作れば、レンズが肥大して重くなってしまいます。第一被写界深度が浅くなりすぎて、ピントを合わせることが困難になります。手持ちでマニュアルフォーカス撮影などできません。

子供はスーパーカーに憧れますが、大人になり実際に車を使うようになると実用性が重要だということがわかります。ANTHYはスーパーカーではなく高級な実用車(しかも手の届く価格)を目指しています。

 

 

ANTHYラインナップ

※ 各ANTHYシリーズの詳細は、バナーをクリックしてください。

             
       
 
広角系標準レンズ
 
※ 開発中
 
※ 開発中