トピックス

FUJI-Xマウント用MADOKAを近日発売致します。(2014.03.26)

「WALP」ソフトウエアをリリースしました。(2014.01.04)

MADOKA用パンヘッド、TOM SHOT EBO の日本取り扱いを始めました。(2013.12.20)

MOMO 試写画像を公開しました。(2013.06.27)

NANOHA TUBE を発売しました。(2013.06.08)

安原製作所初のEOS-Mマウント用レンズ、NANOHA(C)を発売しました。(2013.03.27)

MADOKAの作例に天文写真が増えています。周辺まで光量が落ちず高解像度を保持していることがご覧頂けます。(2012.10.14)


安原伸個人コラム

安原製作所は光学機器メーカーです


   
  ミラーレスカメラ用全周魚眼レンズ「まどか」

FUJI-Xマウント用MADOKA、近日発売です。SONY-Eマウントに続いて対応マウントは2種になります。詳細は発売以降にMADOKAのページにてお知らせ致します。

MADOKAのページ

 

「・・・で、マイクロフォーサーズ用MADOKAはどうなったの?」というご質問はごもっともです。開発は中止しておりません。「出る出る詐欺」状態から脱するべく努力しております。

MADOKAによるVRパノラマ

 
   ← 画像をクリックで開きます。

この他にも「ギャラリー」で多数のVRパノラマ作例を紹介しています。ハンガリーの作家Istvan Takacs氏の作品を追加致しました。


   
  「まどか」用歪曲除去ソフト「WALP(ヴァルプ)」

2012年の発表以来、いつまでたっても発売できず「出る出る詐欺」状態にあったソフトウエア「WALP」をリリースしました。「まどか」で撮った全周魚眼画像から歪曲を除去するためのソフトです。詳細・ご購入はこちらをご覧下さい。


   
  全周魚眼レンズ「まどか」専用パノヘッド「TOM SHOT 360」
 
   

「まどか」でVRパノラマ素材を撮るための専用パノヘッド「TOM SHOT 360」の取り扱いを始めました。詳細は上の写真をクリックして下さい(英語ページ)。国内販売価格は消費税込み27,000円です。お問い合わせはhimeji@yasuhara.co.jpまで。


   
  ミラーレスカメラ用接写リング「なのはチューブ」
 
  詳細はこちら

既存のレンズでマクロ撮影を可能にする接写リング「NANOHA TUBE」を発売しました。SONY Eマウント用とマイクロフォーサーズ用があります。電気接点があり、純正レンズのAE、AF機能が使えるよう設計しています。


   
  ミラーレスカメラ用超マクロレンズ「なのは」
 
  詳細はこちら

安原製作所初のEOS-Mマウント用レンズ、NANOHA(C)を発売しました。価格や基本スペックはNANOHA(M)、NANOHA(E)と同様です。

NANOHAイントロダクションムービー

 
   ← 動画による機能紹介です。

NanohaX5 from Jean-Baptiste Lefournier on Vimeo.

NANOHAによるスタック画像

 
   ← 画像をクリックで開きます。

この他にも「ギャラリー」でスタック画像の作例を紹介しています。

NANOHAによるアートワーク

 
   ← 画像をクリックで作者のページに飛びます。

この他にも「ギャラリー」で作例を紹介しています。


   
  ミラーレスカメラ用ソフトフォーカスレンズ「モモ」

プロトタイプによる試写画像を公開しました。詳細はこちら


安原製作所ロゴ入りZippoライター

安原製作所誕生1周年記念(1999年)に製作し、2000年に製造されたZippoライターが若干数発見されました。20世紀の遺物です。ご希望の方はこちらをご覧下さい。